男性ホルモンが若ハゲを作るというのは?

昔は若ハゲの人「は精力が強い証拠だとよく言われていました。現代では若ハゲと精力との直接的な関係がないことが分かっているので、そんなことを言う人はいませんが、多少の関係はあるようです。頭がハゲるのは、テストステロンという男性ホルモンが関係しているということが解明されています。男性ホルモンとハゲの研究において、男性ホルモンを作り出す機能を持つ睾丸を摘出してしまった人はハゲが進行しないという結果が出ています。

 

この睾丸を摘出してハゲの進行が止まった人に、再びテストステロンを注射すると、ハゲもまた進行しはじめるというのです。つまり、若ハゲの人は男性ホルモンが多いということから、イコール精力が強いということになったようです。ただし、男性ホルモンは女性の体の中にも存在していて、女性の中にも若ハゲで悩んでいる人がいるので、ホルモンだけがハゲの原因と言い切ることはできません。ホルモンバランスに遺伝やストレスなどの要因がプラスされていくことによって、ハゲはどんどん進行していくようです。若ハゲの人が今使っているのがアートネイチャーの増毛ってわけです。