円形脱毛症にもマープ増毛が選ばれている

円形脱毛症は病状が改善されるまでの間に早くても2ヶ月は掛かります。それまでの間は当然人前に出る間、その脱毛部分を隠さなくてはいけません。上手な隠し方を知っていると、円形脱毛症の部分が気にならず、心的ストレスも軽減されるというものです。経験者が語る円形脱毛症の隠し方を紹介しましょう。

 

ウィッグや増毛を使用

自分の髪だけで隠すのは限界があります。風が吹いたりすると円形脱毛の部分が露出するかもしれません。よって堂々とウィッグを使用するのです。ウィッグは今や髪型を変えたいときにも付けるものですから、一番良い方法です。

アイシャドーを使用

アイシャドーを脱毛部分に塗るという隠し方です。意外に脱毛箇所が分からなくなってしまいます。アイシャドーは皮膚のことを考えた素材なので、皮膚の問題は起きにくいでしょう。お勧めの方法です。

坊主にする

結構脱毛の症状が進んだ男性の方なら考えてみる方法の一つです。坊主は結構かっこいいのです。

 

主に上記3つが円形脱毛症を隠す際の方法になるかと思います。アートネイチャーでは、ウィッグのほかにもマープ増毛やレクア、ヘアフォーライフといった様々なタイプの増毛法が提供されています。円形脱毛症を治療している間だけ利用する人も多く、ウィッグ同様に使い勝手が良いシートタイプなどは人気が高いようです。

 

可能であれば前兆の段階で予防しておくのがベストですけどね。円形脱毛症に前兆となる症状はあるのでしょうか?端的に言うと円形脱毛症は「前兆がない」というのが特徴です。厳密に言うと他所の前兆はあるのですが、正直、誰も気づきません。

 

前兆となるのに気づいた人は大量の脱毛が起きる数日前に脱毛部分が少し痒くなる、ビリビリするなどの前兆があるようです。脱毛箇所のフケが増えていたという前兆を述べる人もいます。しかしほとんどの人は全くの前兆というのを感じずに、突然円形脱毛症となります。

 

どうして円形脱毛症は前兆なしに症状が現われるのでしょうか?それは円形脱毛症が頭皮の病気ではなく、毛根の病気だからです。つまり毛の生える基となる部分だけが攻撃を受けますので、自覚症状はありません。

 

しかも攻撃を受けたときにすぐに症状として現われるわけではなく、次の髪の毛が生え変わる時、つまりに3,4ヶ月して症状として現われるものだからです。前兆がなければ事前に円形脱毛を防ぐことは不可能でしょう。事前に原因とされているストレスを解消することが予防に一番良いといえるかもしれません。