AGAに治療を始めたきっかけってどんなものがある?

「自分はもしかしてAGAではないか?」と感じたら、すぐに医師を受診してみた方がいいでしょう。どのような治療でもいえることですが、早期に発見し、まだ程度が軽い段階から治療を始める方が、改善までの期間は短くなるとともに、改善する可能性は高くなります。では、AGAの治療を始めるきっかけにはどのようなものがあるのでしょうか。そのきっかけは人それぞれではありますが、AGAは薄毛や抜け毛で、髪の毛のボリュームが徐々に減ってくるわけですから、それを実感したとき…それが治療のきっかけとなるケースは多いようです。

 

例えば、お風呂上りに濡れたヘアスタイルを見ていると、ペッタンコに寝てしまっている状態にはかなさを感じたときとか、髪の毛をセットしようと思っても、クシの頭皮への当たり具合が以前とは違う感触だったときなどが挙げられます。その他にも、客観的な視点もあるでしょう。久々に会った友達に「お前、ちょっと薄くなったんじゃないか?」と言われたり、職場の人に薄毛を指摘されたりといったことが挙げられるでしょう。こうしたきっかけはAGAの治療を始める踏ん切りにもなるため、実は非常に重要なのです。

 

男性型脱毛症(AGA)は、医師の診断を経て、適切な薬を処方してもらい、用法・用量をしっかり守って、根気強く治療を進めていくことで改善を図ることができます。そんなAGAの治療薬として、プロペシアとミノキシジルという2つの治療薬があります。これらは現代のAGA治療においては2大治療薬と言うことができるでしょう。プロペシアはフィナステリドが主成分ですが、そもそもは前立腺肥大症の治療薬でした。それが、薄毛や抜け毛にも効果があることが分かり、現在では3年間服用を続ければ、70%以上の方にAGAの改善が見られるkとが分かっています。プロペシアはAGA治療の中で、抜け毛や薄毛を引き起こす男性ホルモンの生成を抑制することが目的であるため、髪の毛の現状維持を図るための薬と言えるでしょう。

 

一方でミノキシジルは血行を促進することにより、髪の毛に十分な栄養を与えるように働きかけることが目的です。したがって、ミノキシジルは元気な髪の毛を生えさせることが目的となっています。AGA治療薬として2大巨頭ともいえますが、まずは抜け毛や薄毛を食い止め、そして発毛を促す…この2つが二人三脚でAGAを改善へと導いてくれるのです。