国民的商品が若ハゲを引き起こすなんて

「フケには、メ〇ット」といわれるほど、メ〇ットは非常に親しみにあるブランドですが、最近では、なぜかメ〇ットを使うと若ハゲになるというような噂が出回っているようです。メ〇ット愛好者にはとっても悲しい話なのですが、その噂はいったいどこからきているのでしょうか。それは、メ〇ットに限ったことではありませんが、現在市販のシャンプーはほとんどが合成界面活性剤入りとなっています。合成界面活性剤がなぜそんなに悪いのかというと、髪と頭皮に結合し、必要な皮脂までとりのぞき、頭皮の角質層をスカスカにしてしまい、その奥にある顆粒層へ異物を入りやすくしてしまうのです。ここに合成界面活性剤のような残留毒性が浸透してしまい、頭皮や毛根などの各層の皮脂を流れやすくしてしまうのです。それだけでなく頭皮にもともとあるたんぱく質そのものまで溶かすといわれていて、それにより若ハゲを引き起こす危険性があるようです。このような合成界面活性剤入りのシャンプーはメ〇ットだけではありませんので、若ハゲ防止のためには、シャンプー購入時によく成分を吟味し、髪や頭皮に優しいタイプをおすすめします。