薄毛の原因は体質変化やヘアケアなど

薄毛の原因は、体質や体調の変化、ヘアケア、病気治療といった以下の3つに大きく分けられます。

 

■体質・体調の変化によるもの
体質や体調の変化により一時的、または継続的に抜け毛が増えたり髪が育ちにくくなったりすることがあります。例えば、加齢によるものや、出産によるものなどです。また、外部刺激やストレス、生活習慣が薄毛の原因の一つになっていることもあります。

 

■誤ったヘアケアによるもの
ヘアケアの基本は洗髪です。ケアがきちんとできていないと頭皮環境が悪化し、薄毛に繋がってしまいます。また、髪を綺麗に保とうと、入念にお手入れを行っている女性も少なくありませんが、良いと思ってやっていたケアが、実は薄毛の原因となってしまっていることもあります。

 

■病気治療によるもの
病気の治療法によっては、後遺症により髪の毛が抜けてしまうものがあります。代表的なものでは抗がん剤治療が有名ですね。こちらは、病気治療の為には止むを得ないものですので、医師と相談しながら様子を見る必要があります。