仰向けで眠ると腰が痛い場合の腰痛緩和方法について

仮眠をとる男性

睡眠が如何に髪の成長に重要かどうかはわざわざここで語る必要もないかと思います。当然、睡眠の仕方にもこだわる事が大切です。一言で腰痛といっても、いろいろあります。立ち上がるときなど何か動作をしようとすると痛む場合、特定の動作をすると痛む場合、安静にしていると痛む場合などが挙げられます。それぞれ原因が異なるので、対策も異なります。どれも日常生活に支障をきたしますが、就寝時仰向けで眠ると腰痛が起きる場合は、睡眠そのものが苦痛になるのでとても大変です。仰向けで眠ると腰が痛くなる原因として、椎間板ヘルニアや背骨や骨盤のズレなどいろいろな要因が考えられます。まずはレントゲンやMRIで検査をして、原因を突き止めることが大切です。素人判断でめちゃくちゃなマッサージを行うとかえって悪化させることもあるので要注意です。重大な疾患が見つからない場合、仰向けに寝たら腰が痛む場合の対処法として、まずは身体に合った寝具を見つけることが大切です。実際に寝てみて、体重が分散されるマットレスや敷布団を選びましょう。仰向け以外で楽に眠れる寝方を見つけることも有効です。

 

眠りたくても寝つきが悪くてなかなか眠れないと悩んでいる人が少なくないようです。寝つきが悪い原因として、いろいろなことが考えられます。中でも、布団が体に合っていないことが、寝つきが悪い原因であることが多いようです。そのため、まずは布団を見直してみることをお勧めします。布団が体に合っていないと、体が安定しないので、何度も寝返りを打ってしまいます。そのためなかなか眠りにつけず、必然的に眠り自体が浅くなり、睡眠時間も短くなります。寝つきが悪い状態を放置しておくと、心身ともに疲れがとれず、日常生活に支障をきたし、場合によってはうつ病になることもあります。寝つきが悪い自覚がある人は、早急に対策をたてましょう。また、眠る直前までスマートフォンをいじっているのも、寝つきが悪い原因になります。寝室には余計なものを置かず、布団だけでなく室温やアロマ、インテリアを含め、眠ることに集中できるような環境を作ることも大切です。